排気ガスの排出

一般的な自動車は、ガソリンエンジンなどの原動機で駆動力を発生させ、その駆動力をシャフトを介して車輪に伝達することで、走行しています。

ガソリンエンジンは、シリンダ内でガソリンを燃焼させて、その燃焼時の爆発力によってピストンを作動させ、シャフトを回転駆動するための駆動力を発生させる仕組みです。
ピストンが下死点に位置するときに、シリンダ内にガソリンが吸入されます。次に、ピストンが上昇することでガソリンと空気の混合気が圧縮され、ピストンが上死点付近に到達したときに点火プラグによって混合気に点火されます。そのときの爆発力によってピストンが下に押し下げられ、それによって、ピストンに連結するクランクシャフトが回転します。
混合気が燃焼した後、ピストンは再び下死点から上死点へ上昇し、そのとき、シリンダのピストンの上側空間に残留している排気ガスが、シリンダに設けられた排気ポートから排出されます。
排気ポートから排出されたガスは高温であり、排出過程で急激に冷却される際に収縮するため、大きな音が発生します。従って、このガスは、排出される前にマフラーを通過し、マフラーで消音されてから、外気へ放散されることになります。

コメントは受け付けていません。