混合液の爆発

自動車はエンジン内で混合液が爆発することで進みます。混合液とはガソリンと空気との混合です。ガソリンは霧状に変化させられそこに空気が混ざり、エンジンのシリンダーに送られてスパークプラグによって着火されます。スパークプラグには一瞬とはいえ、何万ボルトもの電気が集まり、着火しやすい状態になります。スパークラグはスパークプラグからの着火のたいみングのズレを意味します。シリンダーに入った混合液が燃えるタイミングはシリンダー内の圧力が最大になることが重要です。スパークプラグからの着火のスパークラグを変えることで燃えた力を調整することが出来ます。エンジンの能力を最大限に発揮し続けるとエンジンにダメージが蓄積しますので、エンジンに負荷がかかっていない時にはスパークプラグの着火タイミングを変更して出力を落としたり、着火のタイミングを変えることで燃費の良い出力特性にも変更できます。ガソリンと空気の混合比率と着火のタイミングは車両によって異なります。スポーツカーのように燃費よりも出力を求める場合、エコカーのように出力よりも燃費を重視したエンジン出力など、車両ごとに適正なタイミングがあり、これらはすげて車載のECUによって調整されます。

コメントは受け付けていません。