混合液の吸収

自動車は、エンジンで発生させた駆動力を、ギヤやシャフトからなる動力伝達機構によって車輪に伝え、車輪を回転駆動させて走行します。

自動車用エンジンとしては、レシプロエンジンが最も多く使用されています。
このレシプロエンジンは、シリンダ内で、ガソリン等の燃料と空気の混合気を爆発燃焼させ、その混合気の爆発力によって、ピストンを往復駆動させて駆動力を発生させるものです。しかし、レシプロエンジンでは、エンジンから取り出される駆動力は、ピストンを直線的に駆動する力であり、車輪を回転駆動するには、クランクシャフトを用いて、ピストンの直線運動を回転運動に変換する必要があります。
これに対して、ロータリーエンジンというエンジンも知られています。このロータリーエンジンは、ローターハウジングの中に、おにぎり型の回転ロータが収容された構造になっています。ロータにはシャフトが連結されています。そして、混合気の爆発によってローラが回転駆動されることで、回転の力を直接的に取り出すことができます。

ハウジングとロータとの間には3つの空間が存在し、3つの空間はロータによって仕切られています。ローラの位置によって、3つの空間は、吸気バルブ、点火プラグ、排気バルブのいずれかにつながっており、ローラが回転することによって、どれにつながるのかが切り替えられるようになっています。
ある空間に吸気バルブから吸入された混合気は、次に、点火プラグによって点火され、燃焼後、排気バルブから排気ガスが排出されます。

コメントは受け付けていません。