構成パーツが少なく、軽量でコンパクト

もしロータリーエンジン車のボンネットの内部を見る機会がありましたら、ぜひエンジンの大きさをその目で確かめてみてください。ロータリーエンジンの特徴は、レシプロエンジンとの比較において、圧倒的に構成部品点数が少なく、そのために軽量であり、またコンパクトに収まっているということです。レシプロエンジンは、シリンダー内での燃料の爆発によってピストンがクランクシャフトを回転させ、その力をカムシャフトとロッカーアームと呼ばれる部品を介してシリンダー上部にある吸排気バルブの開閉を行います。このバルブ開閉の仕組みのためにその機構が非常に複雑化してしまうのです。バルブ開閉のタイミングの正確さをより高めるために採用されたDOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カム)式などは確かに高性能ではありますが、必然的に非常に複雑かつ重いエンジンとなります。この点、ロータリーエンジンの場合は、吸気-圧縮-爆発-排気の行程をそれぞれ別のポートで役割分担をすることで済ませてしまうので、基本的にはハウジングとローターだけで構成が終わってしまいます。もちろんその他の補機類なども付随しますが、エンジン本体のパーツの点数の少なさとそれに起因する軽量性とコンパクトさは、レシプロエンジンの敵うところではありません。

コメントは受け付けていません。