ロータリーエンジンがスポーツカーに向いている理由

かつては特にスピードを求めない乗用車にもロータリーエンジンは採用されていましたが、現時点ではマツダのRX-8に採用された例が最後となっています。何故ロータリーがスポーツカーに向いているのかと言えば、スポーツカーに求められる条件を考えれば自ずと分かってきます。ロータリーでは、クランクシャフト2回転で1回燃焼するレシプロ4ストロークに対し、エキセントリックシャフト1回転で1回燃焼します。ロータリーでは実質排気量は記載排気量の2倍ですから、同総排気量のレシプロ4ストロークと比較するとその分高い出力が得られます。特性上、高出力、高回転であり、反面低回転域でのトルク効率は高くありません。またロータリーは、回転数の上昇に伴うトルクの上昇が滑らか、モーターのように回るという特性を有しており、この特性が、単に数値上のスピードを求める以外に重要な要素となるスポーティの演出に一役買っています。もうひとつ重要な要素としてロータリーは、軽量かつコンパクトであり、更に低重心設計が可能です。これはスポーツの求める究極の理想を満たしていると言えます(旋回性、ブレーキ性能、加速性能など)。デメリットして、燃費が悪い、耐久性が低いといった要素がありますが、これらはスポーツにおいては必ずしも求められません。

コメントは受け付けていません。